ひとと調和する未来型エレクトロニクスの創世を目指し、カーボンナノチューブに代表されるナノ構造材料の特徴を生かして、透明で自在に形の変わるフレキシブル電子デバイスの実現に取り組んでいます。人体の軟組織と力学的にも生化学的にも親和性のあるバイオセンサや機能集積回路などのウェアラブルデバイスを実現し、エレクトロニクスとバイオ・医療との融合を進め、ひとが健康で幸せに生きる明るい社会の構築に貢献します。

What's New

新聞に掲載:朝日新聞の先端人に松永助教が紹介されました。(2020.07.21)
新聞に掲載:エネルギーハーベスティング技術について日経新聞(2020年04月12日)に掲載されました。(2020.04.12)
「子供の科学」に紹介記事:摩擦で発電するエネルギーハーベスティング技術について、子供向けの雑誌「子供の科学」2020年2月号で紹介されました。(2020.01.15)
新聞に掲載:原子層材料を用いて水滴から発電するエネルギーハーベスティング技術について科学新聞(2020年01月10日)に掲載されました。(2020.01.15)
新聞に掲載:原子層材料を用いて水滴から発電するエネルギーハーベスティング技術について日経新聞(2019年12月29日)に掲載されました。(2020.01.03)
新聞に掲載:摩擦発電シートの研究について日刊工業新聞(2019年12月26日)に掲載されました。(2019.12.26)
過去の記事はこちら

Topics

 

一滴のしずくから5ボルトを発電 〜原子層材料を用いて実現〜

アジ研究員の研究成果がNano Energy (Impact Factor = 15.548) に出版されました。原子層材料であるMoS2を用いて、一滴のしずくから5ボルトもの電圧を発電するエネルギーハーベスタを実現しました。MoS2の表面を水滴が滑り落ちるときに発電するものであり、例えば、雨水や工場排水の水質モニタリングなどを行う自己給電型のIoTデバイスへの応用が期待されます。この成果について、プレスリリースを行いました。2019.12.16)

Card image cap
人間の動作から発電する伸縮可能なシート 〜ウェアラブルデバイスの電源〜

松永助教の研究成果がNano Energy(Impact Factor = 15.548)に掲載されました。カーボンナノチューブ薄膜を用いて透明で伸縮性のあるの摩擦帯電型のエネルギーハーベスタを実現しました。人間の動作による摩擦から発電するものであり、ウェアラブルIoTデバイスの電源としての応用が期待されます。この成果について、プレスリリースを行いました。(2019.11.21)

Card image cap
量子センサで電子デバイスの動作解析 〜多様なデバイスに適応可能〜

博士2年生の内山君の研究成果がアメリカ化学会の論文誌ACS Omegaに掲載されました。ナノダイヤモンド中のNVセンターを用いて、動作中の電子デバイスにおける電流分布や温度分布を同時に計測する手法を提案したものです。ナノダイヤモンド薄膜は溶液法で容易に形成でき、様々な電子デバイスに適応可能な手法です。(2019.4.24)

Card image cap
ワンステップでCNT薄膜の微細パターンを形成 〜高性能フレキシブル透明導電膜の実現へ〜

10μm以下の解像度でカーボンナノチューブ(CNT)薄膜の微細パターンを簡単に形成する技術を開発しました。これを用いて、微細グリッドをもつ高性能透明導電膜や静電容量式タッチセンサの簡易製造も実証しました。タッチパネル等の低コスト・省資源・省エネルギー製造につながります。この成果はACS Nano (IF=12.1)に掲載されました。

Card image cap
世界初の全カーボン集積回路 〜加熱成形可能な電子デバイスの実現へ〜

カーボンナノチューブのみでトランジスタや配線を構成した“全カーボン集積回路”を世界で初めて実現しました。1,000 cm2/Vsを超える移動度が得られ、高性能で透明なフレキシブルデバイスへの応用が期待されます。さらに、実現した全カーボン集積回路は任意の立体形状に加熱成形することも可能です。本研究の成果は、プラスチック製品への電子デバイスの融合を可能とし、デザイン性と機能性を併せ持つプラスチック電子デバイスの創出に繋がります。この成果はNature Communicationsに掲載されました。

Card image cap
世界初!透明プラスチック基板上にカーボンナノチューブ集積回路 〜透明・フレキシブルデバイスの実現へ

透明で柔軟なプラスチック基板上にカーボンナノチューブ集積回路を簡単かつ高速に実現する技術を開発しました。作製したナノチューブ薄膜トランジスタは高い移動度(634 cm2/Vs)とオン/オフ比(6x106)を同時に実現しています。この技術を用いて、世界で初めてカーボンナノチューブを用いた同期型順序回路の動作に成功しました。この成果はNature Nanotechnology (Impact Factor = 30.3)に掲載されました。

Card image cap

Project

  • New科研費・挑戦的研究(開拓)に採択
    科学研究費補助金・挑戦的研究(開拓)に採択されました。カーボンナノチューブを用いた神経伝達物質の超高感度・選択的検出を実現するセンサー技術の創出を目指します。

    New科研費・基盤(A)に採択
    科学研究費補助金・基盤(A)に採択されました。カーボンナノチューブを用いたフレキシブルセンサ・回路・システムの基盤技術の創出を目指します。

    JST/CRESTに採択
    科学技術振興機構(JST)の戦略的創造研究推進事業CRESTに採択されました。エネルギーハーベスティングのための超薄膜材料を用いた電解液流体発電技術の創出を目指します。

    NEDO「低炭素社会を実現するナノ炭素材料実用化プロジェクト」に採択
    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の平成27年度「低炭素社会を実現するナノ炭素材料実用化プロジェクト」に採択されました。カーボンナノチューブに基くハイエンド向け3次元集積デバイスの研究開発をを行います。

大野研究室
名古屋大学 未来材料・システム研究所
未来エレクトロニクス集積研究センター
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
(052) 789-5455